文学部

六甲山ビジターセンター企画展                                    「加藤文太郎の追憶-孤高の岳人は手帳に何を記したのか」

  • 企画展学科 
  • 2019年12月6日(金) ~ 2020年1月19日(日)  ※毎週月曜休館(月曜が祝日の場合は翌火曜休館)

  • 女性
  • ファミリー
  • 大人
  • 子供

画像(加藤文太郎の追憶)2019.11

兵庫県浜坂出身の加藤文太郎は、大正から昭和にかけて、六甲全山や但馬の山々を一人で縦走し、

槍ヶ岳など日本アルプスの名山を次々に冬季単独登頂。

「単独登攀の加藤」と呼ばれましたが、槍ヶ岳北鎌尾根で遭難、帰らぬ人となりました。

今回の企画展では、彼が遺した登山手帳を公開し、“孤高の岳人は手帳に何を記したのか”をテーマに

登山家・加藤文太郎の足跡を振り返ります。

また、貴重な写真や資料を紹介した2018年企画展「六甲全山縦走の先人~加藤文太郎の追憶」の

パネルや彼をモデルに描かれた小説・マンガなども併せて展示します。

 

開催時間

10:00 ~ 15:00

※六甲山ビジターセンターの開館時間

開催場所 兵庫県立六甲山ビジターセンター
料金 入場無料
事前申し込み 不要
問い合わせ・申し込み

兵庫県神戸県民センター県民交流室

TEL:078-647-9094

URL

http://rokkosan.center


当ホームページは、郷土振興調査会の協力を得て制作しております。
※郷土振興調査会とは、兵庫県、神戸市 神戸商工会議所、神戸新聞社で構成し、ふるさと兵庫の繁栄と発展に寄与することを目的として、提言、調査、その他の活動を行う団体です。